所在地・診察日時

神戸市北区甲栄台4-1-13
北鈴神鉄駅ビル2階
TEL: 078-591-2500

月曜〜土曜日
午前/9:30〜12:30
午後/3:30〜6:30

水曜・土曜午後、
日曜・祝日

尚、初診でのCL処方・眼鏡処方に関しましては、受付終了時間の30分前までにお願いいたします。

HOME > 検査機器の紹介 > 3次元眼底像撮影装置

検査機器の紹介

3次元眼底像撮影装置 3D OCT-1 Maestro

3D OCT-1 Maestro

OCTとは、Optical Coherence Tomography(光干渉断層計)の略称で、光の干渉現象を生体計測に用いることによって、生体の深さ方向の詳細な情報を取得することが出来る装置です。
3D OCT-1 Maestroは、眼球(眼底)の断層画像と計測結果を提示します。"眼底カメラ+OCT"を受け継いだ次世代の普及型モデルです。

特長

  • OCT眼底断層画像およびカラー/レッドフリー(デジタル)眼底画像の撮影が可能です。
  • オートアライメントにより、簡単でスピーディな撮影が可能です。
  • 緑内障や黄斑部疾患等の診断に役立つ、基本的な解析アプリケーションを搭載。(ノーマティブデータベース搭載)
  • タッチパネルディスプレイの搭載と利用されるワークフローに最適化したGUIデザイン。
  • ディスプレイはフレキシブルに向きを変えることができるため、様々なポジションから撮影操作を行うことができるとともに、撮影時の患者さんへのサポートをより適切に行うことができます。
  • 明るい検査室でのOCT撮影が可能です。検査室の消灯や散瞳剤を使用せずに眼底断層像を撮影することが可能です (撮影可能瞳孔径:φ2.5mm以上)。

Stereo-matching Automatic AlignmentTM

眼底撮影機能

↑ページの先頭へ